書類

業種や業態により異なる削減方法

業務改善をして経費を削減するための方法は、その企業の業種や業態によって少しずつ異なってきます。
基本的な事項である、ペーパレス化や節電、整理整頓による必要書類や什器の整理といったことはどの業種にも共通した方法ですが、それ以外にもどの業種だからこそできる独自の工夫もたくさんあります。

日本ではこれまでどうしても製造業、とりわけ工場内での業務が企業形態のメインとして扱われてきた流れがあるため、業務改善について語られる場面ではそうした生産労働をベースにした思想によって提案されることが多くなっていました。
ですが現在日本における主要業務は決して一つだけではなくなっています。

今後は一つの業務形態にとらわれるのではなく、自分たちの行っている業務は独自のものであるというしっかりした認識でそこから新たなアイディアを生み出していくことが求められています。

実際にこれまで行われてきた業務改善方法を見ても、成功した例では自社の業務内容を完全に把握した上で個性的なアイディアを実践したケースが多くなっています。

例えば、士業などにおいては金銭の借用や売買取引において書類を作成することになっていますが、その場合取り交わされる金銭の額に応じた印紙を貼り付けなくてはならないことが法律によって決まっています。

ですが、これを電子文書としてオンライン上で取り交わすようにした場合には、印刷をして保管をしない限り印紙代がかかることはありません。

ただしオンラインで作成する書類が正式な課税文書と同じ書式をしていることなど一定のきまりはあるものの、それでも書類を作成するたびにかかっていた課税額が全くなくなるということになればかなりの経費削減になります。
しかもこの場合はペーパレス化も同時に行っているので、保管書類をファイルする手間や場所も不要になります。

他にも、飲食店において実際に勤務をしている時間中の動きを個人が細かくチェックをしてみることで、業務にムラがあることを浮き彫りにしてより時間内に効率的に動けるようにしたり、アルバイトを含む全員が参加をして提案をしあうようなしくみをつくるといったやり方もかなりの効果を挙げています。

以下のリンクからは業種別に成功をした業務改善とコスト削減例について説明をしていきます。
現在自分が関わる業種以外のものも案外よいヒントになることもあるので、ぜひ目を通してみてください。

主なメニュー