会議、移動にコストがかかりすぎると悩む企業が多い

支店などを持つ企業は定期的に会議が必要となりますが、この時、支店などから本店に会議へ訪れる際の移動コスト、また会議室などが広ければいいのですが、大人数が入らないという状態なら、会議室をレンタルするコストも発生します。

例えば商品について品ぞろえなどを考え直す店長会議などを行うスーパーでも定期的に同じ場所で会議を行う必要が出てきます。
競争が激化する中、なるべく多くの店長の意見を短いスパンで聞いておきたいとするのですが、何より移動などの費用面で問題が起きます。

本社まで遠いお店からは1時間から2時間の移動時間がかかる、資料を作る、会場を作るという費用も掛かる、スタッフの時間も取られることになる、資料の印刷コストなども考えるとかなりのコストが必要となる、こうしたことはどの企業、店舗でも悩みの種になります。

タブレットを利用することによって解決策が見えてくる

こうした時に注目されるのがタブレットです。
タブレットを導入することによって毎日読むことが必要な資料、帳簿類の送信などが必要なくなり、ペーパーレス化が進みます。

このタブレットはこうしたペーパーレス化で導入したという企業も多いのですが、実際にはこうしたこと以外にも多数のメリットがあるとして注目されているのです。

タブレットにグループウエアなどを導入し活用することで、会議用の資料、関連情報を共有することが可能となり、資料をあらかじめ共有ファイルなどに保存し共有用のURLを通知することで無理なく容量にも関係なく資料などを閲覧できるようになります。

閲覧履歴、また権限を付けることで見られないように設定する、見たことを確認するということもでき、情報の共有や資料内容の把握が容易にできるようになります。
タブレットはどこでも持ち運びができるので、どこにいてもこうした共有ができるようになり仕事の効率が格段にアップします。

ビデオ会議で移動コスト等の負担をなくす

タブレットとビデオ会議に必要なシステムを導入すれば、簡単にどこにいてもビデオ会議ができるようになるので、これは企業、店舗にとって大きなコスト削減につながります。

音声はマイク付イヤホンを接続することでより聴きやすくなりますし、タブレット内蔵のカメラによって実際の商品をみたり、情報をみることができます。

こうしたビデオ会議ができるようになったことで、遠方から本社に高いコストをかけて移動するということも無くなりますし、緊急で会議が必要という時でも対応でき、仕事の効率はかなりアップします。

こうしたビデオ会議を導入する企業や店舗は非常に多くなっていて、コスト削減、また情報の共有、ペーパーレス化など、様々なメリットを活かして業務出来るようになっています。