月報や週報は管理に必要不可欠なもの

企業の仕事の中で経営計画を立てるにあたり、月報や週報、日報は必要不可欠な物で、営業以外でも、こうした報告を文書で行うということは重要な事です。
月報は月間、週報は週間、日報は1日、この行動予定をたてるためのものなので、業務の目標達成に近づくためにも、しっかりと付けていかなければなりません。

上司から見ても、月報などから業務の状態がわかりますし、どのような改善が必要なのかん等も感がる事が出来るようになります。

月報は月間行動計画、効率よく業務する目標をたてる

売り上げを向上するためにはどうすればいいのか、例えば営業の場合は新しく取引先を開拓、顧客の単価アップをしなければなりません。
そうなると訪問回数の増加、商談内容を色濃くするということが必要です。

営業マンで成績優秀という人は、普通の成績の人よりもずっと多くの訪問をこなしていますし、契約してくれるかもしれないという可能性のある所に訪問します。

個客の反応をみながら商談の時間を増やす、減らすなどうまく行い、そこに月報の月刊行動計画の中、目標にたどり着けるように努力していきます。
月報とみて創意工夫が必要と感じることもありますし、訪問回数を考える主軸となります。

週報で活動見直しを行う

週報は月報のように目標ではなく、実現可能な計画を立てていきます。
月の第一週の行動予定としては月間行動と同じになりますが、2週目以降はずれていくこともあるため、修正しながら計画を実行します。

商談内容や目的などを細かく書き込み、これをもとに日々、活動していきます。
この週報が役立つのは、活動見直しのチェックができるということです。

1日の訪問終了の際に、本来やるべきことが出来ていたかどうかをチェックし、このままいくと月報に書いた目標に近づくことが出来ないと思えば活動の修正を行います。

日報で今日の動きを確認、行動は日報と一体化することが大切

当日、これとこれを行う、ということを決めてそれをしっかり行動に移せたかどうか、それをしっかり確認できるのが日報です。

一日の活動を振り返り、反省点、よかったこと、成果などを書きいれます。
その日の活動がよいものならこうしたスケジュールで毎日動けるように頑張ろうという気持になりますし、今回駄目だったことは次回に活かせます。

日報の目的を理解し、頭に入れて行動しますが、あまりにもこの通りに動こうと思うと臨機応変に物事を消化できず、成功するはずだった商談を逃すなどにつながる可能性もあります。

日報があってある程度の行動を決めておいても、その中でプラス効果がある事については積極的に行動を変え、その日にやるべきことの中で変化させたことを、翌日、またその週のうちに実現できるか等も考えます。

週のうちにできること、月のうちにできること、この計画が何となく頭の中に入っていれば、1日の中で出来ないことも、この週のこの時間に組み込めるとスケジュールできます。

こうした目標をたてる、行動する、さらに反省や成果を理解できる書類は、営業活動の基本となるべき書類です。