自社ウエブサイトを持っている企業が多くなっている現代

広告のため、また企業の商品などを発信していくために、インターネット上に自社ウエブサイトを持っている企業は多くなっていますし、これが企業にとって必須といわれることもあります。

自社サイトをうまく運用することで、インターネットを利用し幅広く世界各地の顧客をつかむことも夢ではなく、広告宣伝に多額の費用を費やすよりもずっとコストもかからない方法として多くの企業が導入しています。

また企業によってはブログ、SNSなどを利用しより多くのお客様に新しい情報をどんどん発信している所もあり、昔だったら考えられないことですが、本当に小さな規模の企業なのに世界各地の人が注目する、その企業の商品がそこを突くほど売れるということもあるのです。

ただインターネットに関しては多くの方が情報発信ということに利用されているため、集客できるかどうかということが問題になります。
そのためある程度の費用をかけて労力を使った割には集客コストがかかりすぎると悩む経営者も多いのです。

お金を使ってきれいなサイトよりも丁寧に時間をかけて書いたブログ

サイト運営を行う場合、最近は見やすくてきれい、商業的なサイトよりも、時間をかけてじっくり丁寧に作った企業のブログなどの方がより集客につながるといわれています。
見栄えのいいサイトを作り、情報を常に更新することができていればもちろんそれが集客のポイントになることは事実です。

しかしWEBサイトをWEBデザイナーに作ってもらうコストは意外にかかり、継続的、定期的に内容を変えていく維持費もかかりすぎると考えている経営者が多いようです。

無料ブログのアカウントを取得、そこに内容の深いコンテンツを作り見てもらう、これがお客様の心をつかむことでお金をかけずとも集客できる要因となるのです。

では実際に、サイトにどのような事を書いていけば、集客できる企業ブログとなっていくのでしょうか。

ノウハウを惜しみなく伝えてくれる企業ブログ

例えば自社が持っている何か特殊なノウハウを惜しみなく伝えるということで集客が格段に上がったという企業もあります。

例えば掃除関連の商品を扱っている企業のブログで、掃除の正しい方法、ワックスはどうかけるとプロが行ったようになるのか、エアコンの清掃はどんなふうに行うとセルフでできるのか、こうした素人が知らない細かいノウハウを掲載するのです。

知っているようでなるほどこうすればいいのかと思うことが掲載されていると、このブログ、次回もしっかり読んでみようとお気に入り登録する人が多くなり、定期的に読んでくれるようになります。

個客に役だつ情報、自社の気持ち、願いをしっかり伝えてくれる内容、スタッフが顔を見せて職場の日常などを紹介してくれるなどがあると、非常に身近な存在と感じて、毎日ブログを開くようになるといいます。

質の高い写真、真似したいと思う素敵な写真

芸能人のブログでも内容があまり書かれていないブログが人気になる事があります。
これは、美しく洗練された魅力ある写真が掲載されており、自分の真似してSNSにアップしてみたい、こういう写真が撮りたい等思うからこそ閲覧数が上がるのです。

企業がブログの写真を撮影して掲載する時には、スマートフォンの写真機能フィルタを使うとか、オシャレな空間を作って光をよく当てて撮影するなど工夫してみます。

写真素材は有料素材の方がよりプロ仕様となっていますし魅力的なものが多いです。
こうした写真を利用することも、企業ブログをみてもらう要素となります。