紙の図面を管理し持ち歩くのは苦労がつきもの

マンションやビル、一般住宅の建築などを行っている企業にとって、現場や打合せの際には図面をもっていくことが不可欠です。
図面通りに施工されているかどうか、また変更があった際に図面に書き込むなどの作業が必要となるからです。

現場を管理する監督が、複数の現場を持っている場合、複数の現場分の図面を持ち歩くことになり、これは準備も大変ですし、持ち運ぶのに苦労します。

しかし多くの現場で、監督がデータをパソコンに入れて電子データをもっていきます。
ただ問題はパソコンがほこりなどに弱い精密機器だという点でした。

近年、こうした現場で監督業務を行う方や設計士さんなどが利用するのはタブレットです。
タブレットは元々の持ち歩くモバイルとして利用するものですし、カバーを付ける等ができるので、ほこりの被害からも守る事が出来ます。

近頃では図面情報をクラウドにアップしておき、万が一タブレットが壊れたり、紛失した、また遭難被害にあった場合でも対応できるように利用されています。

複数の現場でもサッと図面管理、チェックができる

タブレットなら複数の図面をいつでも管理できますし、チェックすることができます。
どの現場に行ってもタブレットから図面をみて作業できますし、移動しながら図面を取だし車の中でチェックするということもできるようになっています。

片手で持つことのできるタブレットなら、現場でも負担が少ないですし、見にくい紙の図面よりも、拡大、縮小ができるので、拡大してみたい部分をみる、全体像をみたい時には縮小するなど、多様な使い方できるところも魅力です。

事務所とビデオ会議、コミュニケーションツールとしても活躍

現場で施工上、こういう流れにしたい、こういう風にしか作れないという時、施主に確認が必要だったり、設計士に確認が必要ということもあります。
そんな時、図面がない状態で電話で説明するのは非常に厄介だったのですが、タブレットにビデオ会議ができるシステムを導入しておけば、図面チェック等も簡単です。

変更点がある時に確認してほしい時、事務所に現場の状況を画像で確認してもらえます。
オンタイムでみてもらい、オンタイムで修正などができるようになるので、仕事の効率も格段に上がります。

事務所から設計士が現場にいるように指示ができるというのは、仕事の効率化また作業スピードを上げることにもつながるのです。

またチェック事項の多い施主内覧の際にもタブレットが活躍します。
今まではチェック項目を紙で渡していたのですが、施主にタブレットでチェックしてもらうことにより、チェック後即座に関係者に共有することができます。
画像や動画を取り入れた分かりやすいチェックシートも作成できますし、膨大な確認項目も管理しやすくなる利点があります。
参考:内覧会でチェックしたいポイントは?

タブレットを導入し有効活用することで、建築現場での管理は大きく変化しています。
これまでできなかったこともできるようになり、何より何事も速く面倒なことがなくできるようになったことは施工管理を行う方も作業される方も、ストレスが少ない方法といえるでしょう。