Category: 業務改善 (page 1 of 2)

建設業界にタブレットを導入するメリット

紙の図面を管理し持ち歩くのは苦労がつきもの

マンションやビル、一般住宅の建築などを行っている企業にとって、現場や打合せの際には図面をもっていくことが不可欠です。
図面通りに施工されているかどうか、また変更があった際に図面に書き込むなどの作業が必要となるからです。

現場を管理する監督が、複数の現場を持っている場合、複数の現場分の図面を持ち歩くことになり、これは準備も大変ですし、持ち運ぶのに苦労します。

しかし多くの現場で、監督がデータをパソコンに入れて電子データをもっていきます。
ただ問題はパソコンがほこりなどに弱い精密機器だという点でした。

近年、こうした現場で監督業務を行う方や設計士さんなどが利用するのはタブレットです。
タブレットは元々の持ち歩くモバイルとして利用するものですし、カバーを付ける等ができるので、ほこりの被害からも守る事が出来ます。

近頃では図面情報をクラウドにアップしておき、万が一タブレットが壊れたり、紛失した、また遭難被害にあった場合でも対応できるように利用されています。

複数の現場でもサッと図面管理、チェックができる

タブレットなら複数の図面をいつでも管理できますし、チェックすることができます。
どの現場に行ってもタブレットから図面をみて作業できますし、移動しながら図面を取だし車の中でチェックするということもできるようになっています。

勝て手で持つことのできるタブレットなら、現場でも負担が少ないですし、見にくい紙の図面よりも、拡大、縮小ができるので、拡大してみたい部分をみる、全体像をみたい時には縮小するなど、多様な使い方できるところも魅力です。

事務所とビデオ会議、コミュニケーションツールとしても活躍

現場で施工上、こういう流れにしたい、こういう風にしか作れないという時、施主に確認が必要だったり、設計士に確認が必要ということもあります。
そんな時、図面がない状態で電話で説明するのは非常に厄介だったのですが、タブレットにビデオ会議ができるシステムを導入しておけば、図面チェック等も簡単です。

変更点がある時に確認してほしい時、事務所に現場の状況を画像で確認してもらえます。
オンタイムでみてもらい、オンタイムで修正などができるようになるので、仕事の効率も格段に上がります。

事務所から設計士が現場にいるように指示ができるというのは、仕事の効率化また作業スピードを上げることにもつながるのです。

タブレットを導入し有効活用することで、建築現場での管理は大きく変化しています。
これまでできなかったこともできるようになり、何より何事も速く面倒なことがなくできるようになったことは施工管理を行う方も作業される方も、ストレスが少ない方法といえるでしょう。

サイバー攻撃による情報漏えいについてと対策

サイバー攻撃による情報漏洩、他人ごとではないと考えるべき

サイバー攻撃を受けるほど大きな企業じゃないし、うちの会社は大丈夫なんて思っていたら、ウイルスに感染し対策も何も練っていなかったことで、情報が大きく漏洩してしまったということになれば、これは非常に大きな問題です。

もしも個客の情報が漏えいしたら?これは外部に知らせることが必要となりますし、顧客にも謝罪しなければならないことです。

感染したパソコンをネットワーク上から隔離し、アンチウイルスソフトによって駆除を行うことができ、社内のパソコンを調査し他に感染がないということならいいのですが、こうしたサイバー攻撃は決して他人ごとではないのです。

ランサムウエアによる攻撃被害とは

様々なサイバー攻撃がありますのでまずはそれを理解しておくことが求められます。
ランサムウエアというのは、悪意を持つマルウエアと呼ばれるウイルスの一種で、感染したパソイコンのデータを暗号化などし、利用出来なくしてしまうというものです。

この場合、金銭要求目的が多く、パソコンにアクセスできるようにしたいならお金を払え等が表示されることもあります。
お金を払っても感染解除はできません。

標的型攻撃とはどういう被害があるのか

行政団体の200万件以上もの情報が漏えいしたというニュースが社会的問題となりましたが、この時に利用されたのが標的型攻撃といわれるサイバー攻撃です。

これまでのウイルスは無差別にばらまかれるものでしたが、この手口は標的に狙いをつけてくる攻撃です。
例えばある部署の担当者命で取引先を装ったメールが届き、それを開けてしまい、添付されているファイルを開き感染という特定の対象を狙う攻撃です。

現在はこの標的攻撃型が多くなっており、多くの企業が対策を練り、セキュリティをより強化するようになっています。

パソコン乗っ取り・・・遠隔操作される恐怖

悪意を持っている第三者が何らかの方法によってウイルスに感染させ、企業のパソコンを乗っ取り、別の場所で遠隔操作されていたという被害も報告されています。

メールを受けてファイルを開きそれによってこの被害にあったという企業も多く、乗っ取りによって企業が悪質な事を行っているように見せかかる等されれば、企業は信頼を失うことにもなりかねません。

サイバー攻撃からデータを守るためには

企業のデータを安全に守るためにその置き場はどこにすればいいのか、これは多くの企業が頭を悩ませることです。

セキュリティ知識の高い企業が社内サーバ構築を自社内のリソースで行う場合、もちろん担当する人材は深い知識を持ち、ツールなども必要になるのでコストがかなりかかることになります。

しかし被害の有無にかかわることなくサイバー攻撃を受ける企業が多くなっているので、何かしらコストをかけてもデータを守る手段が必要です。
現在多くの企業が利用するようになっているのが、高いセキュリティを持っているクラウドサービスといわれています。

大切なデータを安全な外部の置場に保管し、最新で高度なセキュリティを常に保ちながら保管できるとして導入する企業が多くなっています。

女性活躍推進法の基礎を知り女性が活躍できる企業へ

女性活躍推進法の制定によって求められる企業の変化

少子高齢化が進む日本では現在、労働力人口が減少しているという切迫した問題があります。
労働力の減少はすでに始まっている状況で、今後、さらにこの状況が加速していくといわれているのです。

このまま労働力が減少していけば当然のことながら生産性が減少し経済力の低下を避けることができません。
この状態に歯止めとかけることができるとされているのが女性の労働力であり、女性が活躍できる場をよりいい環境にしていくため、女性活躍推進法とが施行されているのです。

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律、女性活躍推進法では、301人以上の労働者を雇用する企業すべてに、女性の活躍促進を図るための行動計画の策定、届け出、さらに従業員への周知、公表を行うことが義務付けられています。

女性活躍推進法がなぜ求められるのか

少子高齢化による労働力の減少について、女性の労働力人口比率とみてみると、20代後半から30代にかけて低下するということが顕著にみられます。
キャリアを重ねてこの先業務の中で活躍が期待される状態でも、結婚、出産、育児などにより離職、給食せざるを得ない状況にあるのです。

働く意欲がある、でも働くことが出来ない就業希望者層を潜在的労働力といいますが、この数が特に多いといわれる女性について、働きやすい勤務体系、職場のルールを策定、徹底し、潜在的労働力を労働力としていこうというのが、女性活躍推進法です。

女性の社会進出は高度経済成長期から見られるようになり、当時はウーマンリブなどの言葉が生まれ、女性も男性同様に働く権利を求める動きが強くなりました。
これにより1986年段書雇用機会均法が施行され、同じ職場で男女が平等に働くことができる環境づくりが求められるようになりました。

しかしこの男女雇用機会均等法の設立からすでに何十年も経過しているのに、職場によってはかなりの男女差があるという所も多く、男性優位となっている職場は未だ多い状況です。

近年、労働力の低下が叫ばれ、実際に従業員数が激減し業務に支障をきたすところも多くなり、多様な人材の活用を目指すダイバーシティ、多様な働き方を実現しようとするワークライフバランスを大切にする動きも出てきています。

女性がより活躍できる社会づくり、企業環境づくりを目指すことも女性活躍推進法の理由ともなっています。

女性が活躍できる職場づくりに取り組む

まずは状況の把握が必要となります。
自社の女性がどのように活躍されているのか、そこにある課題は何か?これを把握し課題について分析を行います。

その上でどのような社内制度が必要となるのか、就業規則の見直しや評価制度の設定、キャリアプラン等も策定していくことが求められるでしょう。

こうした状況把握から分析を行い企業がどのように行動していくか、行動計画を作成する際、厚生労働省が提供する行動計画策定支援ツールなども利用してみると計画を作りやすくなります。

更にこの計画、決定した制度などを都道府県労働局に届け出することが必要となりますし、情報をウエブサイトなどに公表することも求められます。

タブレットで会議を変える

会議、移動にコストがかかりすぎると悩む企業が多い

支店などを持つ企業は定期的に会議が必要となりますが、この時、支店などから本店に会議へ訪れる際の移動コスト、また会議室などが広ければいいのですが、大人数が入らないという状態なら、会議室をレンタルするコストも発生します。

例えば商品について品ぞろえなどを考え直す店長会議などを行うスーパーでも定期的に同じ場所で会議を行う必要が出てきます。
競争が激化する中、なるべく多くの店長の意見を短いスパンで聞いておきたいとするのですが、何より移動などの費用面で問題が起きます。

本社まで遠いお店からは1時間から2時間の移動時間がかかる、資料を作る、会場を作るという費用も掛かる、スタッフの時間も取られることになる、資料の印刷コストなども考えるとかなりのコストが必要となる、こうしたことはどの企業、店舗でも悩みの種になります。

タブレットを利用することによって解決策が見えてくる

こうした時に注目されるのがタブレットです。
タブレットを導入することによって毎日読むことが必要な資料、帳簿類の送信などが必要なくなり、ペーパーレス化が進みます。

このタブレットはこうしたペーパーレス化で導入したという企業も多いのですが、実際にはこうしたこと以外にも多数のメリットがあるとして注目されているのです。

タブレットにグループウエアなどを導入し活用することで、会議用の資料、関連情報を共有することが可能となり、資料をあらかじめ共有ファイルなどに保存し共有用のURLを通知することで無理なく容量にも関係なく資料などを閲覧できるようになります。

閲覧履歴、また権限を付けることで見られないように設定する、見たことを確認するということもでき、情報の共有や資料内容の把握が容易にできるようになります。
タブレットはどこでも持ち運びができるので、どこにいてもこうした共有ができるようになり仕事の効率が格段にアップします。

ビデオ会議で移動コスト等の負担をなくす

タブレットとビデオ会議に必要なシステムを導入すれば、簡単にどこにいてもビデオ会議ができるようになるので、これは企業、店舗にとって大きなコスト削減につながります。

音声はマイク付イヤホンを接続することでより聴きやすくなりますし、タブレット内蔵のカメラによって実際の商品をみたり、情報をみることができます。

こうしたビデオ会議ができるようになったことで、遠方から本社に高いコストをかけて移動するということも無くなりますし、緊急で会議が必要という時でも対応でき、仕事の効率はかなりアップします。

こうしたビデオ会議を導入する企業や店舗は非常に多くなっていて、コスト削減、また情報の共有、ペーパーレス化など、様々なメリットを活かして業務出来るようになっています。

企業に求められる災害対策に必須なBCPとは

災害、企業にともめられる事業継続計画の重要性

阪神淡路大震災に新潟県中越地震、世界を震撼させた東日本大震災、さらに熊本地震、日本はこうした未曾有の自然災害を幾度も受けてきました。

世界で発生するマグニチュード6.0以上の地震の2割がこの日本で起きているという報告もあるくらいです。

この先、東海地震、東南海地震、首都直下型地震などの予想される大地震のパーセンテージも上がっているといわれている近年、個人はもとより企業は沢山の従業員を抱える責務を果たすだけの準備があるかどうか、事業継続計画の重要性について注目が集まっています。

この事業継続計画はBCPと呼ばれ、災害時、企業は災害にどう備えるべきなのか、各企業が積極的に取り組む課題とされています。

災害時、何が起こるか

東北地方が甚大な被害にあった東氏日本大震災の時には、各地域で交通混乱が起こり、特に首都東京は帰宅困難者がかなりの数発生するなど、この時になって初めてこういう混乱が起こることを多くの人が理解しました。

企業は各地域の工場、支店等、甚大な被害にあい再建にもかなりの年月を費やしました。
商品供給が出来なくなる企業も多く、その影響は市民生活にも直撃しました。

企業はこうした時どのようにBCPを考えていけばいいのでしょうか。
一つ、従来よりある防災の視点をしっかり考え、人命の安全確保、物的被害の軽減などの対策を積極的に行うことが挙げられます。

また次に事業継続の支店から、災害発生後、迅速にどのようにして事業再開を果たせるのかを準備しておく必要があります。

企業存続はBCPにかかっている

災害発生後、事業を継続、早期復旧するためにはどのような事が必要なのか、これをしっかり計画することをBCPといいます。

中小企業庁は中小企業BCPガイドをホームページで公開しています。
BCP導入無の企業と導入済みの企業を想定し比較したものが掲載されており、これはかなり参考になります。

例えば製造業の場合で平日の早朝に大規模地震が発生したら?BCPの導入がない企業では当日はほとんどの機器が転倒し、従業員の安否確認もままならず納品先の連絡不能、判明後も電話が不通状態となります。

多くの従業員が1ヵ月くらい出社できなくなり原材料の仕入れ工場なども全壊し、大手納品先は別の企業に切り替えるなどの連絡も来るでしょう。
数カ月たって設備復旧しても受注が戻ることなく会社規模を縮小、従業員の多くを解雇することにもなります。

BCPを導入している企業を仮想すると、地震当日アンカー固定が住んでおり機器の転倒などまぬかれる事が出来た、安否確認は計画通り伝言ダイヤルを利用し確認でき、取引先について最寄営業所などに事情説明に行くことができます。

数日たって従業員が地域活動を終えて三日で、交代制による出社を果たし、原材料はBCPの計画通り他企業から代替え調達でき、数日後1ヵ月で全面復旧可能と報告できます。
数カ月たち準備しておいた資金から月給などの賃金を支払い、復旧応援を同業組合から受けることもでき、全面復旧、受注も通常通りとなる、という予測ができます。

この違いの大きさを理解できれば、BCPの導入は不可欠と考えられます。
従業員を守る、また企業存続のために不可欠なBCPを今からしっかりと計画し、大災害にあっても簡単には崩れない企業となっておきましょう。

Older posts