Category: 家の経費削減 (page 1 of 4)

7つのエコ節約アイデア

みなさんは節約のためにどのような努力・工夫をしていらっしゃるでしょうか。
頑張ってはいるものの、まだまだこんな節約の方法があるということに気づけていないかもしれません。
インターネットもかなり普及しているので、他の人たちがどのような工夫をしているかということに聞き耳をたててみようではありませんか。

指定されたごみ袋でしか出すことが出来ない

指定されたごみ袋しか出すことが出来ないという時代が到来して、それは、ゴミを出すためにもお金がかかることを意味しています。
別に新聞紙やダンボールという日があるではありませんか。

その日は、新聞紙やダンボール、雑誌という類だけではなくて、他の雑多ないろいろな紙類も、 “ミックスペーパー”として回収されることが出来ます。
紙類はこのようにして全部 資源回収に回せば、 本来の燃えるゴミを格段に減らすことが出来ます。

ティッシュペーパーは半分でも使用出来る

何かセコいという感じもしないではありませんが、実際に日常生活において、このようなことまでやっている人たちが、しっかり節約
モードに入っている人たちなのです。
一度やって見て、出来ないことはないと思えば、是非日常化してください。

鼻をかむ程度ティッシュペーパーは全然半分でも大丈夫です。
ティッシュペーパーは全部キレイに半分に切ってしまいましょう。

ドラッグストアの詰め替え用シャンプーを有効的に利用する

ドラッグストア店頭には最近多くのシャンプー、リンスの詰替用の商品が販売されています。
もちろんそれを利用しない手はありません。

多くの人たちがリーズナブルな価格を求めて商品を購入しているため、店頭にはあれ程までに目玉商品として詰替用が陳列してしまっている現状です。
詰替用の商品を選択することでいちいち容器を捨てることをしなくて済むため、エコにもとても優しい方法です。

ペットボトルはどのように使われているか

ペットボトルの飲料水を消費して、いちいち捨てるって本当に面倒くさいことです。
でもペットボトルをこのように再利用するモチベーションがあれば。
出来る主婦のみなさんは、 お米の保存容器にペットボトルを使用しているといいます。

ペットボトルは密閉性が高くお米の鮮度をしっかり守ってくれます。
そして簡単に冷蔵庫に収納出来るというのが有難いです。

牛乳パックはどのように使用されているでしょうか

更にいえばみなさんは牛乳パックをどのように使用しているでしょうか。
牛乳パックもただ捨てるというのでは大変もったいないです。

残り物を冷凍保存する時には、牛乳パックを
使用してみてはいかがでしょうか。
そして、油など捨てる時にも牛乳パックは有効的に利用出来るアイテムです。
これ程素晴らしい用途があるのに、ただ捨ててしまうというのは本当にもったいないことです。

シャワーヘッドの交換

シャワーヘッドはみなさんの家庭ではどうしているでしょうか。
あるものをただ使用するという家庭がほとんどかもしれませんが、敢えてお金を出して新しいシャワーヘッドを購入することで、より以上の節約の驚きの体験をすることが出来ます。
今は、節水シャワーヘッドというものが家電量販店でも多く登場して来ておりますので、そのような商品に注目してください。

食器洗いのテクニック

最後に、油ものの食器にいちいち洗剤をつけて洗うというのは非常に効率が悪いことです。
洗剤は皿にではなくスポンジにつけて洗うことに徹してください。

重曹やクエン酸を使ってエコな節約術

重曹というものをみなさんのご家庭でうまく使いこなしているでしょうか。

重曹とは 重曹のメリットを追求

そもそも重曹とはなんなのでしょうか。
重曹とは、天然の無機物質であり、炭酸水素ナトリウムがそれです。

重曹は私達にとって縁のないものではなく、私達の身体の中にも存在しているものです。
唾液の中にも重曹の成分が含まれていたりします。

重曹がなぜ私達の生活に重宝がられているのかといえば、いろいろな作用があるからです。
重曹は、油汚れに効果のある中和作用と軟水作用、ステンレスなどの表面を磨ける研磨作用 、いやなにおいを吸収してくれる消臭・吸湿作用など、有用な性質を多く持っています。

重曹は、弱アルカリ性であり、 酸性の汚れを重曹によって中和させることが出来ます。
脂肪酸という汚れは、中和して水に溶けて行くことになります。

硬水のミネラルというのも方法としてありですが、 飲み水として許すことが出来ても、調理する時に味に影響を与えるというデメリットを持っています。
重曹は軟水成分であることが大きなメリットです。

重曹によってお風呂をまるい感じにすることが出来ますし、 軟水作用が洗濯の汚れを改善させてくれます。
そして更には重曹は、不快な汚れを解消してくれます。

小麦粉でパンやケーキを膨らませるために使用されるのも重曹です。
環境に優しく何より身体に害が無いというのもこの重曹のメリットです。

重曹は、お掃除のための道具ではありません。
しかし最近ではホームクリーニング用として使用されている方々も結構多いようです。

クエン酸にもメリットが大きい

そしてもう一つ注目して欲しいものがクエン酸です。
疲労回復成分としてもクエン酸は高く評価されています。

私達の健康、美容をしっかりサポートしてくれるのもクエン酸です。
レモン、みかんなどに含まれているすっぱい成分がこのクエン酸です。

血流改善、ミネラルの吸収促進 、 痛風の予防までがここに期待出来ます。
そして、エコなお掃除の道具としても有効的に利用されているものがクエン酸です。

水垢やミネラル汚れを落とすというのならクエン酸にお任せください。
粉末のまま直接汚れにふりかける、そして水で溶いた水溶液を洗剤として使用するという方法などがあります。

蛇口や排水口を洗うという時には粉末が、そして鏡やシンクをキレイにしたいというのなら、クエン酸スプレーなどが便利でおすすめです。
お風呂も是非クエン酸を使用してキレイにしてください。

クエン酸なら身体にも優しいのでお風呂にも安心して使用することが出来ます。
水中のカルシウムが固まった水垢などはクエン酸で簡単にお掃除出来てしまいます。

しかしクエン酸は大理石には使用出来ないので注意が必要です。
そして鉄製品に使用すれば錆の原因になってしまうかもしれません。

塩素系の洗剤と混ぜるということにもかなり注意が必要です。
有毒ガスを発生させる可能性があります。

エコ節約術!ゴミを掃除に使う

エコでお金を使わず、部屋の中をキレイに出来る方法があります。是非、有効的に利用してみてください。

飲み残しのビールで

ちょっと缶にビールが残ってしまったというのもよくあるケースです。
しかし、ビールの炭酸が抜けてしまうので、それを翌日までもたせるということはできません。

そのようなただ捨てるだけというビールがあれば、掃除のために有効的に利用しましょう。
アルコールには汚れを分解してくれる働きがあります。

ビールの残りがあればこの際、徹底的に窓ガラス、フローリングの掃除など試みてはいかがでしょうか。
そして、アルコールの中には、消毒作用もありますので、冷蔵庫の掃除をするのもおすすめ出来ます。

気が抜けた炭酸飲料も有効的に利用する

一方で子供さんが残した炭酸飲料はどうしましょうか。
炭酸飲料ももちろん気が抜けてそれ程長くもたせることが出来ません。
しかし、気が抜けた炭酸飲料も、弱アルカリ性が酸性の油汚れを中和して溶かすというメリットを持っています。

使ったレモンの皮を利用して

唐揚げなどにレモンを搾って、残りの皮は有効的に利用出来ないかということを考えてみましょう。
レモン皮も掃除に有効的に使用することが出来ます。

レモン、更にオレンジの皮には、クエン酸が多く含まれています。
その成分が油汚れやアルカリ性の汚れをキレイにしてくれます。
簡単に、皮でゴシゴシと汚い部分を擦って行けばOKです。

今とぎ汁に注目が集まっている

お米のとぎ汁で洗顔するだけで美肌になれるということでもかなり現在話題になっています。
米のとぎ汁を利用し、パックで美肌効果を維持している女性たちも多くいらっしゃるようですが、それは全然高級化粧品でもありませんし、かなりお得な方法です。

さらに米のとぎ汁にふきんを一晩つけておくと白くなるという経験を既に多くの方々がしていらっしゃるはずです。
そこには、フィチン酸という成分が含まれており、漂白したように白くしてくれます。
茶渋、そしてプラスチック容器についた匂いを取るのにもかなり有効的な方法です。

卵の殻も有効的に利用

そして、卵料理などすれば、絶対にゴミとして残るものが卵の殻です。
ただ捨てるばかりの卵の殻もここで有効的に利用しましょう。

ビンを洗うという時でも、口の狭いものは、結構苦労してしまうもですが、そのようなものに対して、水と一緒にビンの中に卵の殻を入れてしまえばそれでOKです。
卵白に含まれるサポニンが、中をキレイにしてくれます。
そして殻の研磨する力にも大いに期待してください。

いかがでしょうか。
掃除の道具を節約するって、アイデアであり、アイデアを一つずつ出して行けば、節約がしみったれたモードではなく、何だか楽しとモードへと変身して行ってくれることになります。
まだまだここでは紹介しきれない「捨てるだけなのに部屋をキレイに出来るモノ」があります。

給料日まで1週間を乗り切るレシピ

お金がない。
何も食べることが出来ない。
いえ、みなさんは贅沢病に陥っているだけなのではないでしょうか。

贅沢も文化・流行を知るため大事なことかもしれませんが、お金のない時こそ、お金がなくても楽しむことが出来る、レシピの楽しさを知りましょう。
お金がないということを嘆いているからストレスも溜まってしまうことになります。
お金のない時のためのレシピを考える楽しさを是非ここで学んでください。

主婦のみなさんは既に知っている 兎に角安い食材に注目

大それたことをいうでもなく、専業主婦の人たちは既に給料日以前にはいつもやっていることです。
コツはやっぱり嘆くということではなく、楽しむということです。

リッチな高齢化社会を過ごすためにも日々のレシピを見つめ直すというのが最適なテクニックです。
まず、私達がしなければならないことは、安い食材を見付けることです。
シシャモやアジはちょっと高いということになれば、代用出来る違う食材を見付けて来るまでです。

この時、例えば、ちくわを使用します。
シシャモやアジの代わりにちくわを使用して南蛮漬けなど作ることにしましょう。

この時、密かにちくわの存在に感謝しましょう。
ちくわの味、ちくわの食感、このようなものがなぜ100円程度で購入出来てしまうのでしょうか。

たまたま原材料が豊富にあり大量生産出来るからであり、ちくわがもともと高価なら、ウニや鮑程度に注目度を浴びていることでしょう。
ちくわを南蛮漬けにして、そっとさりげなく食卓に出してみましょう。
子供さんも間違いなく「お母さん これ美味しい、これ何?」と聞いてくるでしょう。
そしてちくわで作られていると知れば子供たちは大ビックリです。

キャベツだけのシンプルおこのみやき

お好み焼きには、 海老やらお肉やらいろいろ具が入り、お店に行けば、簡単に1000円超えをしてしまうのですが、キャベツ、そして小麦粉だけのお好み焼きは、本当に安価に出来てしまうのです。
お店では、そのようなものを安価で出せば、他の商品が売れなくなるので出しません。

具が一杯入っているお好み焼きも否定はしませんが、わざと価格を高騰させる為に無理に具のレパートリーを増やしているという感じがない訳ではありません。
具のないお好み焼きを過剰評価するのも何ですが、具が一杯入っているものとほぼ同程度に美味しいお好み焼きです。
お金のない時なのだから、充分にキャベツだけのお好み焼きで幸せな一時を過ごすことが出来ます。
何昔駄菓子屋で食べたような懐かしさもここに沸いてくるかもしれません。

お金のない時こそは冷蔵庫を整理

料理というものは、冷蔵庫の残りモノを見繕うだけでも美味しいものが出来ます。
それこそ、みなさんのアイデアであり、楽しみなのです。
そして冷蔵庫に多少まだお金がないというのに何かが残っているということが外食ではなく、自炊の大きなメリットとして捉えることが出来ます。

我慢せずに節約できる

節約をしようとしようと思っているもののなかなか上手く行かないという人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

節約のテクニック

節約に向いている人、そうでないという人がいるといいますが、実際にはそうではありません。
ただ節約に対しての強い思いがあるか、そして、あまり無理し過ぎていないかということを注意すれば、誰でも節約は成功出来ます。

節約に対しての強い思いがなければ、一日節約をして、これ程度しか得をしなかったのかとそ日の夜のうちに気分が萎えてしまうことになります。
節約に対しての強い思いとは、その一日を乗り切り、長い目で見続ける目を持つことです。

節約は長期的に見ることが出来る目がなければ決して成功はありません。
私は節約をしているなんて、他人に言いふらしている人たちは、案外節約に成功は出来ないかもしれません。

本当に節約に成功出来る人たちし言わない人です。
言うに値しない程、日常生活にすんなり染みついているのです。

私は、毎日歯を磨いているのよと誰が他人にいうでしょうか。
節約とは毎日の歯磨きのようなものかもしれません。
そして、半年、一年程度でその節約の効果に感動すればいいのです。

無理しないこと

スーパーマーケットで半額の商品がある。
ならば絶対に半額をと嫌々気分で行列に並んでも絶対に節約が成功出来るとは思えません。

節約は、無理なく、楽しみながら、または空気化させてしまうことに成功の鍵があります。
繰り返しますが、節約は苦しいなと思っているのなら絶対に成功は出来ないということです。

コンビニ生活に卒業

時代の波にのせられて私達は毎日のコンビニ生活を当たり前としているのではないでしょうか。
バス停の前にコンビニがあり、コンビニで買い物というのが一番楽というのも理解は出来ます。

しかし、日常生活の食品、飲み物を購入するために、一番価格が高いのがコンビニです。
意識がコンビニ生活という狭いカテゴリーの中で節約を迫られて辟易としていることはないでしょうか。

今、楽しくハッピーに節約するために、安いものを求めて、となり街のスーパーマーケットまで繰り出して行きましょう。
となり街には、となり街で更なる新しい発見があるかもしれません。

そして、ドラッグストアにも目を向けてください。
コンビニよりも全然、食品、飲料水を安く販売しているのがドラッグストアです。

となり街へ行くために新しい自転車でも購入してみてはどうでしょうか。
新しい自転車で、堤防を走り続けると季節の風も一番最初に取り込むことが出来ます。

朝起きて、バスにのり会社へ、そして残業して夜の九時頃バスからおりて、コンビニへ行き、食材を調達という生活が365日続き、世界は歩きながらのスマホで開けているのかもしれませんが、その閉塞的生活において、楽しい節約術など見付けることは出来ません。

Older posts