利益確保の方法

企業において事業を継続するべく利益を確保する方法は二つしかありません。
それは「売上を高める」ことと「経費を削減する」ことです。

企業活動において利益を生み出すための方法はすべてこの二点のみに集約されているということをまず強く頭に入れておくようにしてください。

なぜそんな当たり前のことを最初に言ったかというと、それは企業における経費削減においてはしばしばその本来的な目的が途中から失われ、手段ばかりがああだこうだと言われるようになりがちだからです。

繰り返しますが、企業活動を維持していくためは「利益を生み出し続けること」が絶対条件であり、そのために行うのが売上の確保と経費の削減なのです。

経費削減と売上の向上は同時に行うべきことですが、このブログのテーマは経費削減ですのでそちらを重点的にお話していきます。売上向上のためのテクニックは別のコンサルタントさんのブログなどを参考にしてみてください。

経費削減の三原則とは?

経費削減には基本的な三原則があります。
1.短中期的に役立つ見込のない経費を見つけ、ゼロになるように徹底する
2.売上に役立つ経費であっても、その売上に対しての費用対効果が薄いものはその内容を精査し減額などの対応をする
3.経費削減そのものを目的とせず、金額が変わらないなら売上を効率的に上げられる工夫をしていく

細かく説明をしていくと、まず1の短中期的に役に立たない(と思われる)経費のゼロ化ですが、これは「かつては必要だったので惰性で支払っているが、今は必要のない経費」や「日程的に無理がないのに支払われてきた出張時の旅費や交通費」などがあたります。

最近では年末年始のお歳暮やお盆の時期のお中元などを取引先やその役員個人に向けて贈るような風習もなくなってきましたが、個人的な感謝の気持ちならいざしらず売上確保のために行っているかどうかという点で見た時、あまり効果がないと思われるなら思い切ってやめてみるのも方法です。

同じように2のそれまでの惰性で支払ってきたマージンなどが売上高に対して割高なもののなってきた場合などは、他の部分での広告費に当てるなど別の方法を考えるなどの手段に切り替えるようにすると大きな経費削減になります。

3は、発想の転換により経費額を減らすのではなく同じ効果で高い売上を出すための工夫をするというものです。
この3つを念頭に、どのように社内で経費削減を進めるべきか大きな視点で考えていきましょう。