レシート

IT機器の導入でコスト削減

低価格化が業界全体で進められているのが小売業ですが、最新鋭のIT機器を導入することにより大幅にコスト削減ができるようになってきてもいます。

すでに大手スーパーなどで見かけるようになってきている「セルフレジ」がその最たるもので、人員を削減しながらも利用者にとって利便性の高いサービスをどう維持していくかということが大きな課題となってきています

セルフレジを実際に利用したことがある人もいるかと思いますが、使用方法は簡単で、買いたいと思う品物についているバーコードリーダーをチェッカーの上に通すというだけのものです。

バーコードスキャナーの取扱にはなれないとちょっと大変なこともありますが、少数の買い物だけをするというときにはさっとレジを通ることができるので、長く列について待たなくてはいけないという不満を解消することができます。

セルフレジの導入

現在のところ日本国内で導入されているセルフレジは大手スーパーのイオンをはじめ、イトーヨカドーやローソン、サミットなどに設置されているものとなっています。

導入当初はコストが人件費を上回るのではないかといった批判や、利用者から不便を訴える声もあったようですが、その後電子マネーである「ワオン」や「ナナコ」といったものの利用者が急増したことにより、現在では導入するレジ台数を増やす傾向も見られてきています。

導入件数が増えたことにより、セルフレジそのものが低価格化する傾向もあり、今後はより身近なところに導入がされていくことが予定されています。

今現在では導入は実験段階ですが、今後は商品1つずつにICチップを搭載し、レジのゲートを通すだけで自動的に総額を計算してくれるようなシステムも使われてきています。

これらが普及していくことにより、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどすべての小売業界の店舗内の運用状況ががらりと様変わりをしていくことになるかもしれませんね。