鉄道業でもエコは当たり前の事

東日本大震災以降、電気の大切さを思い知った私たちです。
当時、電力を節約する必要があると、多くの企業、個人が協力し、とにかく電気を利用しないように、最低限にしようと心がけていました。
現在も多くの企業がエコに取り組んでいますし、電車業界、鉄道業界でもエコ的な活動を継続しています。

駅についてはエコステというシステムを取り入れています。
エコステというのは、エコロジーを実現する駅、ステーションという意味で、再生委可能エネルギーなどに取り組んで、CO2の削減を行っています。
この取り組みは省エネ、創エネ、エコ実感、環境調和という4つの政策があります。

こうした政策を取り入れ環境問題を考慮した地球にやさしい駅をモデル化しているのが、エコロジーな駅、エコステというのです。

しかし全部の駅に対しエコステを実現するのは難しく、少しずつ、改善を取り入れつつ、全国主要都市の駅についてエコステを推進していこうというものです。
年間の駅運営によって排出されるCO2量は、113tに及ぶといわれていますので、主要都市で大量の電気を使用する駅について削減が進めがかなりのエコになるのです。

エコステ4つの政策

エコステの省エネとは、CO2削減に最適な駅のエネルギーの使い方を統一化することで、設定された内容のエネルギーマネジメントを行うというものです。
照明をLEDへ、空調を温度管理することによって無駄のないエネルギー環境にしようというものです。

創エネは、再生エネルギーを取り入れた仕組みです。
駅の敷地内に小型風力発電、太陽光パネルなどを設置することで、駅自体で発電していこうという取組です。
自然の恵みをエネルギーとすることで、エコなステーションを目指しています。

エコ実感は駅を実際に利用する方々がエコを実感できる取組にしようというもので、見える化されたスペースがあります。
例えば、武蔵溝ノ口駅には、自律型水素エネルギー供給システムというものがあり、活用水電解装置により水素をエネルギーとして貯蔵タンクに蓄え、燃料電池として水素で発電ができるというものなのです。

最後に環境調和です。
人と環境が調和するというもので、例えば駅の屋上や壁などに緑化を配することで、屋根の温度の上昇を極力抑えるという取り組みを行うと、空調負荷のの軽減、電力の軽減ができます。

降雨の際には、緑化されている屋根や壁で保水され、蒸散される際、ヒートアイランドを予防するという効果が期待できるのです。
こうした人が手を加えることで作られる環境調和もエコステで行われている事です。

2017年の3月からは、浦和駅もエコステのモデル化駅となり、ますます駅のエコ化が促進されていくと考えられています。
こうしたエコ化を私たち個人個人でもしっかり考えていきたいものです。