エコでお金を使わず、部屋の中をキレイに出来る方法があります。是非、有効的に利用してみてください。

飲み残しのビールで

ちょっと缶にビールが残ってしまったというのもよくあるケースです。
しかし、ビールの炭酸が抜けてしまうので、それを翌日までもたせるということはできません。

そのようなただ捨てるだけというビールがあれば、掃除のために有効的に利用しましょう。
アルコールには汚れを分解してくれる働きがあります。

ビールの残りがあればこの際、徹底的に窓ガラス、フローリングの掃除など試みてはいかがでしょうか。
そして、アルコールの中には、消毒作用もありますので、冷蔵庫の掃除をするのもおすすめ出来ます。

気が抜けた炭酸飲料も有効的に利用する

一方で子供さんが残した炭酸飲料はどうしましょうか。
炭酸飲料ももちろん気が抜けてそれ程長くもたせることが出来ません。
しかし、気が抜けた炭酸飲料も、弱アルカリ性が酸性の油汚れを中和して溶かすというメリットを持っています。

使ったレモンの皮を利用して

唐揚げなどにレモンを搾って、残りの皮は有効的に利用出来ないかということを考えてみましょう。
レモン皮も掃除に有効的に使用することが出来ます。

レモン、更にオレンジの皮には、クエン酸が多く含まれています。
その成分が油汚れやアルカリ性の汚れをキレイにしてくれます。
簡単に、皮でゴシゴシと汚い部分を擦って行けばOKです。

今とぎ汁に注目が集まっている

お米のとぎ汁で洗顔するだけで美肌になれるということでもかなり現在話題になっています。
米のとぎ汁を利用し、パックで美肌効果を維持している女性たちも多くいらっしゃるようですが、それは全然高級化粧品でもありませんし、かなりお得な方法です。

さらに米のとぎ汁にふきんを一晩つけておくと白くなるという経験を既に多くの方々がしていらっしゃるはずです。
そこには、フィチン酸という成分が含まれており、漂白したように白くしてくれます。
茶渋、そしてプラスチック容器についた匂いを取るのにもかなり有効的な方法です。

卵の殻も有効的に利用

そして、卵料理などすれば、絶対にゴミとして残るものが卵の殻です。
ただ捨てるばかりの卵の殻もここで有効的に利用しましょう。

ビンを洗うという時でも、口の狭いものは、結構苦労してしまうもですが、そのようなものに対して、水と一緒にビンの中に卵の殻を入れてしまえばそれでOKです。
卵白に含まれるサポニンが、中をキレイにしてくれます。
そして殻の研磨する力にも大いに期待してください。

いかがでしょうか。
掃除の道具を節約するって、アイデアであり、アイデアを一つずつ出して行けば、節約がしみったれたモードではなく、何だか楽しとモードへと変身して行ってくれることになります。
まだまだここでは紹介しきれない「捨てるだけなのに部屋をキレイに出来るモノ」があります。