フランス

フランス人はお金の使い方が上手い?

フランス人に限りませんが、お金の使い方が上手な人ってどの年代にもいると思います。

若くてまだまだお金がない時期なのに、高級住宅地に住んでいるという人や、趣味などへの投資もしっかりしているのに、貯蓄もちゃんとしている人など、どうやってお金を回しているのか不思議になってしまうほど。

こうした人達は、きっと別のところでお財布の紐を締めているのかもしれません。
フランス人は、できるだけお金を使わないでいろいろなことを済ませようとする傾向にあるそうで、無駄なお金を使わないようです。

フランス人の習慣を見習おう

日本人はおやつが食べたいと思うと、コンビニやスーパーにお菓子を買いに行く人が多いかと思いますが、フランス人は冷蔵庫を開けて、家にある材料でつくれるお菓子を手作りしようという発想をします。
買うという発想がないのですね。

お菓子の手作りは、カロリーを調節できるのはもちろん、化学添加物などを使用しないお菓子をいただくことができますので、節約以外の面でもとてもおすすめ。

ぜひ日本人も見習いましょう。

そのほか、ランチを外食するという概念もあまりないようです。
フランス人といえばバケットですが、バケットで簡単にサンドイッチを作るなどして、とにかく買わずに済ませます。

フランスでは、ほかのパンよりもバケットがお手頃で購入でき、かつとてもおいしいです。
フランスに渡ったばかりの日本人は、食事の後デザートにバケットを食べてしまうという人もいるほど。
そんなおいしいパンがお安く買えるのであれば、手作りランチも楽しそうです。

食においては、ディナーで外食やワインを楽しんでも、ランチにお金をかける人が少ないようですね。
日本のお弁当も人気があるようで、外食をしないでお米のお弁当を購入して公園でいただく、という人も多いのだとか。

よく考えてショッピング

フランス人は買い物をするときに、ものを見る目がとてもシビアなのだそうです。
商品についている金額がその商品と見合っているか、すごくしっかりとチェックします。

安かろう悪かろう、という発想はなく、安くてもいいものがある、ということをわかっているのですね。

逆に、高いからよいものだ、という発想もあまりないので、その商品を見てから値段と見合っているか検討するため、ものの品質をよく理解しているのだということがいえます。

これは日本人が見習わなければならない大きなポイントです。

フランス人はとてもおしゃれな人が多く、ブランド品で身を固めているのではなく、それぞれが個性的なおしゃれを楽しんでいます。

これは、ものを見る目をしっかりと持っていて、自分に似合うおしゃれをわかっているからこそできること。
日本人も、ブランドだからよいという時代はそろそろ終わりにしたいですね。