子どもの髪、どこでカットしていますか?

お子さんの髪をカットするときに、自分でカットしているという人と、美容院でお願いしているという人といらっしゃるかと思います。

二昔前までは、子どもが美容院でカットするということはほとんどなく、だいたい親御さんがカットする、まれにプロにお願いするときは、男女問わず床屋さんで切ってもらうというのが一般的でしたが、今はおしゃれな子が増えているからか、ヘアサロンでカットするというケースも増えてきましたね。

男の子であれば、前髪が伸びてきたと同時に後ろ髪も伸びることが多いので、一緒に床屋さんでカットしてもらうということもあるかと思いますが、女の子の場合だと、前髪だけカットして、後ろは伸ばしているというケースもありますよね。

美容室では、前髪だけなら500円くらいでカットしてくれるという料金設定のところもありますが、前髪だけでも通常のカット料金がかかるところもあります。

こうなると、カット代を節約するには……と考えるようになってきませんか?

一番の節約方法は、前髪くらいなら自分で切ってしまうという方法。
ポイントを抑えれば、意外ときれいにカットできるものです。

前髪をカットする方法

きれいに前髪をカットするには、まずは髪を霧吹きなどで濡らして切りやすい状態にします。
あまりびしょびしょだとかえってカットしにくいので、しっとりするくらいがベストです。

そして、人差指と中指で前髪を挟みます。
すこし寄せるくらいの気持ちで挟むとカットしやすいようです。

真ん中の部分を、カットしたい長さで設定するように挟むと、再度もバランスよくカットできるようです。

そして、ハサミを斜めに入れながら少しずつ端からカットしていきます。
このとき、一気にジョキンと切ってしまわないこと。
少しずつカットすることで、ハサミがずれて入ってしまうことを防げますし、調整もしやすいです。

昔は子どもの前髪はまっすぐカットしていましたが、今はハサミを斜めに入れるのが主流。
適度にばらつきが出るのでプロの方もだいたい斜めにハサミを入れていますね。

よりきれいに仕上げたいというときは、カットした後髪を乾かし、仕上りを見ながらさらに調整を入れるとよいでしょう。
乾いた状態で仕上げをすることで、カット後のスタイリングを確認することができます。

ポイントはやはり「少しずつカットする」ということ。
一気に切ろうとすると、ハサミがずれて思った位置でカットできません。

また長さにおいても、切りたい長さよりも少し長めに持ってカットすると、調整をしたいときに切りすぎなくて済むのでおすすめです。
やってみると意外ときれいにできますので、焦らずに少しずつを意識して、前髪カットにチャレンジしてみてくださいね。