ノートパソコン

コスト削減の重要性

業務改善をするときにはムダとなる部分のコスト削減が重要になってきます。
ですが、ずっと同じ社内で勤務をしてきた人たちにとって、急にそれまで使用してきた方法をがらりと変えてコストを減らせるようにしろといってもなかなかすぐにはできることではありません。

むしろただ闇雲に「コスト削減、コスト削減」ということばかりを意識して業務を行うようにしてしまうと、それまではなかったようなミスや事故が引き起こされてしまうようなこともあります。

そのような間違ったコスト削減を起こさないようにするためには、プロの目線からどの部分の業務でコスト削減ができるかということを見極めてもらうことが大切になります。

業務改善によるコスト削減を第三者の視点からチェックしてもらうためのサービスは、現在かなり多数の企業から提供されています。

そのほとんどが企業コンサルタントによるものですが、中にはシステム導入をすすめるIT系企業や、特定の分野に特化したアウトソーシング企業といったものもあります。

しかしまずは部分的にではなく企業全体を総合的に判断して改善部分を発見できるよう、総合コンサルタント企業からのチェックを受けることをおすすめします。

コスト削減支援サービスの種類

コンサルタントによるコスト削減支援サービスの種類としては、まずその業種に適した新たなシステム導入をするという方法が一般的です。

それまで紙面や口頭でなんとなく行っていた連絡や工程チェックも、システムとして管理をするようにしていくことで生産管理を一元的に行うことができるようになります。

そのためのシステムも、かつては自社開発として莫大な費用がかかったものですが、現在ではIT系コンサルタント企業が複数の企業の改善計画から共通する項目を精査して使いやすくしたパッケージングソフトが用意されているので、以前にくらべてかなり安く導入ができるようになっています。

代表的なサービスとして「Cost Navi」という株式会社TRY Linkが提供するものがあります。

TRY Linkはもともとコスト削減サービスに特化した業務を行う企業ですが、そのための方法として最初にその企業の明細書を受け取り調べて受注時のムダがないかといったことを細かく調べていきます。

その企業で毎月かかる固定費の中でどの部分を削ることができるかということを、過去の事例をもとに分析して新たな業務改善策を提案していきます。

税理士や公認会計士の仕事から一歩進んだ業務改善方法と言えます。