IP電話、利用されていますか

家庭でも様々なコストがかかりますが、通信費もかなりかかっているという企業が多いです。
スマートフォンの通信費用は年々上がっていくというところが多く、固定費として支払っている費用を減少させることで、家計への負担を軽減できます。
この通信費用を固定費として費用を減少させるということを考えるときIP電話は、非常に魅力です。

IP電話はどんな電話?

IP電話というのは、インターネット回線を利用した電話の総称で、インターネット回線を使うことで、料金は距離に関係することなく全国一律となります。
通常、電波、電話回線などを利用して通信するため、料金が高いのですが、IP電話はいたーネット回線を利用して通信しているので、費用がかなり安くなるのです。

スマホで普及しているラインや、パソコンで利用されていたSkypeなどがこのIP電話です。
スマートフォンにアプリをダウンロードして利用できるタイプと、インターネットプロバイダに申し込みを行い利用できるタイプがあります。

ラインやスカイプのほかにも、NTTコミュニケーションズ株式会社の050plusなどがあります。
インターネットプロバイダを利用するものは、東日本電信電話株式会社の「ひかり電話」などがこれにあたります。

家計に占める通信費

実際に家計に占める通信費はどのくらいの物なのでしょうか。
総務省調べによると、電話通信に関連する支出について、固定電話の支出はかなり減少していますが、移動電話などは増加傾向です。
家計の消費支出の4%くらいといわれています。

固定電話と比較すると、移動電話の費用は2.7倍ほどです。
専業主婦が少なくなり女性の多くが働くようになって、家族が家にいる時間が少なくなったことで、固定電話ではなく移動電話の費用が掛かるようになったといわれています。

移動電話でほとんどの事が事足りてしまうので、固定電話の必要性が低くなり、次第に利用しなくなったということも、通信費用の増大につながっていると考えられます。

実際どのくらいの金額か?

実際に家庭の中でどのくらいの費用を支払っているかというと、平成28年5月の調査では、2人以上の世帯で1ヵ月の消費支出は28万円くらい、これから住居費を覗くと25万ほどです。
そこから通信費は1万4千円ほどかかっており、年間17万円も支出しているのです。
1ヵ月あたりの消費支出に対する割合で行くと、消費支出全体の5%暗いが通信費に消えているということになるのです。

これはかなりの金額です。
こうした金額を少しでも抑えるために、やはりIP電話の導入を考えてみるべきでしょう。
IP電話にすることで、通信費用を削減できれば、貯蓄に回すこともでき、貯蓄できない、という人も、少し余裕が出てくるでしょう。