オフィス

オフィスの移転傾向

オフィスの移転を一つの契機とすることもよい方法となります。
オフィス移転は業績が一段落して一定の利益が出た時や、今後の事業をより発展させていくために行うことが通常です。

ほとんどの企業の場合、まず立ち上げの時期には郊外の家賃の安いオフィスを借りて営業を開始しておき、ある程度軌道に乗ってきたところでより交通の弁のよい都心に近い場所に移動していくというケースがほとんどです。

ですが郊外の安い家賃のオフィスに比べて、同じ賃料でも繁華街でのオフィスはかなり広さの面でかぎられたものになってしまいます。

同じ広さの場所を借りようとするとかなり高い賃料となってしまい、それが経営を圧迫してしまうという場合には、思い切って業務方法をレイアウト面から見なおしてみることがおすすめです。

レイアウト面からの経費削減とは、スペースの無駄をなくすことにより、資料整理をしっかりとして無駄な検索の手間や光熱費を減らすということです。

人の習性

人は習性的にそこにあるスペース一杯に広がるような使い方をしてしまうというものです。
そのため以前まで使用していた広いオフィスでは、その広さに甘えてファイル整理をちょっと甘くしてしまっていたり、荷物を片付けずに放置していたりすることもあったはずです。

その点を見直し、余分な資料を早くペーパレスしてデータとして保管するようにしたり、整理整頓を日常業務の義務的事項として組み込めば、以前よりもスペースの広さで劣る場所であっても十分に営業活動を行うことができるでしょう。

また使用する部屋が少なくなるということは、それだけ光熱費や冷暖房費、セキュリティ関連費用を落とすことができるということでもあります。

すっきりきれいなオフィスを維持するということは、経費面でのロスを防ぐことができるとともに、中で働いている人のモチベーションアップや気持の引き締めを行うためにも役立ちます。

また、思い切ってあまり使用頻度のない部屋やモノは持たないようにするということも一つの選択となります。
都内の繁華街にゆくほど、オフィス関連の便利なツールがより使いやすくなるので、自社で所有するモノは必要最低限度におさえ、あとは必要に応じて外部のものをレンタルするという方法をとることができやすくなります。

会議室や応接室といった、普段は人の出入りが少ない部屋は都度レンタルするようにすることで、平均的なコスト削減に役立たせることができます。