Category: 家の経費削減 (page 3 of 5)

ムリなく食費を節約するプチテク

毎日、あれこれ変わったものを買う訳ではないということで、あまり価格をチェックせずにスーパーマーケットで購入するという高齢者の方々もいます。
しかし、そのような高齢者の方々にこそ、一つ一つ現在買っているものがお得なものかチェックして欲しいものです。

お得な買い物とは

まず、絶対に利用して欲しいのは、スーパーマーケットの半額です。
半額セールの多くは、夕方以降となるので、その時間にスーパーマーケットへ行くということを習慣化することになります。

お買い物は朝済ませるという人たちも多く、そのような人たちは習慣の改善よりスタートしなければなりません。
ただし、半額購入スタイルの効果は、節約モード全開です。
それは半額にしなければ明日再び出すことが出来ない商品ですが、全然その日のうちに食べるのなら問題ありません。
ちょっと鮮度が欠けているというデメリットはあるかもしれませんが、節約をするためには、その程度は我慢しなければならない問題です。

PB商品に注目

スーパーマーケットでは、今PB商品、プライベートブランドで、個性をアピールしています。
PB商品は価格が安くそのスーパーマーケットの目玉商品です。

スーパーマーケットは、PB商品を購入して、更にここのスーパーマーケットでいろいろな商品を買うことによって、営業利益を追求し、PB商品とは敢えていえば、オトリ作戦のようなものであり、その商品は赤字覚悟であったりします。
お買い物をしっかり節約モードで行うためには、スーパーマーケットの罠にはまらないように注意をしましょう。

半額商品も、そしてPB商品も他の商品を買わせるための手段と考えるなら断固として消費者は、必要なものだけを購入するという意識が必要です。
徹底的にPB商品、そして半額狙いということでかなりお得な買い物で出来るはずです。

買いだめはやはり正しい方法か

一人暮らしの人たちは外食が続き、節約の為に自炊をしなさいと親にたしなめられるケースもあるかもしれません。
しかし、一人暮らしの人たちは、たまに自炊してもそれ程お得にならないケースもあります。

それは、自炊が連続で捉えられていないために起こります。
本日使用し大根の残りは、明日外食のため、捨てる羽目になったり、本日無理して食べるという事態になります。

もしも明日も自炊というとなら、残したものを明日新しいレパートリーの中に含めればいいというだけです。
だから、一人暮らしの人たちよりも更に家族の多いご家庭で、一週間程度のまとめ買いをする方が、節約にはより効果があります。

最初に予算を決めて、この予算で食材を買い込みしてしまい、もう決してスーパーマーケットへ一週間内には行かない、この食材で断固としてやりきるという姿勢が大事です。
それはそれ程難しいことではありません。
しっかり予算を決める、計画をするということだけを怠らなければ誰でも成功することが出来ます。

プチテクで医療費節約

みなさんは医療費に対してどのような節約の考えをお持ちでしょうか。
医療費など節約出来ないという思いこみがあればそこから先へは進んで行くことが出来ません。

例えば、平日の遅い時間、そして土曜日でもあいている保険医療機関は便利で使い勝手があると思っている人たちも多くいるでしょう。
その時、医療費がいつも同じと考えるのもあまりにも日頃医療費について考えていないミスから起こります。

その時節約の為に知らねばならないことは、診療時間内でも割増料金が発生するということです。
夜間・早朝などの500円の加算が請求されます。
必要ないならば、 土曜日、特に12時以降の診療は控えるという姿勢は大事なことです。

ジェネリック医薬品をしっかり理解する

ジェネリック医薬品は、最近では既に多くの方々が理解出来ている言葉ですが、医師と向きあい、処方された薬を出来るだけ安くというのなら、やっぱりこのジェネリック医薬品と向きあうことになります。
ただし、医師の処方によることなので、希望してもジェネリック医薬品へ変更出来ない場合、適さない場合があります。
ジェネリック医薬品に替えるだけで、半額程度、もっと大きい場合では、 ACE阻害薬など、8000円クラスの薬を、1500円以下で入手出来てしまうのです。

ジェネリック医薬品は、 新薬(先発薬)の特許が切れてしまい、その後で別の製薬会社が同じ成分を使ってつくる薬のことです。
ほぼ新薬と変わらないと思って問題はありません。
そして、安全性でも心配事は一切ありません。

大病院は高い?

医療費について私達があまりにも考えず、何処の病院も同じという思いより間違いが起こります。
ほとんど同じ治療を受けたとしても病院によって違うという事態が起きているのをご存じでしょうか。

大きな病院において、普通私達が支払いする初診料とは別に特別料金の初診料が発生します。
5,000円程度かかるケースがあるので、ここで決して無視は出来ません。

兎に角、近くの診療所でかかりつけ医にみてもらうという姿勢を崩さない限りそのような無駄なお金を支払いする必要性は全然出てこないのです。
そして、かかりつけの医師を持つということで、更にメリットがあります。

大病院にもメリットはあるでしょうが、いちいちかこつけて、様々な診察を行い費用が嵩んでしまうのも大病院の方です。
それは、患者さんのことがその都度判らないから、最初から検査をし直すという意味が含まれているので、しっかり患者さんのことを理解しているかかりつけの医師の方に大きなメリットがあります。
あちこちの病院へ行くという姿勢はちょっと反省しなければならないかもしれません。

いかがでしょうか。
病院に節約のことなど考えていないという人たちが意外に多いのは驚きです。
しかし、そのような人たちが医療費が高いと散々文句をいっているのではないでしょうか。

美容費をおさえるプチテク

女性の人たちが日々関わるのが、化粧・美容であり、美容費などに頭を抱えている人たちも多くいるでしょう。
一番削りたい部分なのに絶対に削ることが出来ない部分です。

女性にとって美容費とはいわば必要経費のようなものです。
そして、女性がキレイになりたいモチベーションを持てば、いくらでも美容費にお金をかけることが出来ます。
どこかで女性のみなさんは絶対的にセーブする意識が必要になって来ます。

本当にその化粧品って必要かしら

もう一度、その化粧品って必要かしら?という目で周囲を見回してみましょう。
高い化粧品は使用して何だかキレイになるかもしれないという思いもあるかもしれませんが、それって根拠が存在しているのでしょうか。

あのコマーシャルの女優のようにキレイになれるような気が。
そんなものは、コマーシャルスポットに騙された錯覚に過ぎません。
そして、安価な化粧品よりも高価な化粧品の方が、効果的という錯覚もここにおきてしまうのです。

高価だから確かに、高いレベルの技術料が 含まれていたり、高価な漢方成分が含まれているということもあるかもしれませんが、安価な化粧品もそこそこ頑張っているのではないかという発想は出来ないでしょうか。
その高価な化粧品には、コマーシャルの女優の出演料も、豪華なパッケージの価格までが含まれています。
そもそもそんなもの要らないではありませんか。

化粧品をどのように使うか

私達は女性は現代社会に生き、かなり加熱した化粧過剰モードに陥っているということはないでしょうか。
となりの女性がガチガチに化粧をすれば、こちらもガチガチに化粧をして対抗するモードが出来上がってしまっているのです。

そして、あの美しい女性もガンガンに化粧を固めていると思いきや、本当にキレイな女性は何もしていなかったりします。
例えば、本当に効果の期待出来るもの、薬局で1,000円程度で手に入る馬油、美白効果が期待出来るローズヒップオイルなど、一点二点程度のものに集中していたりします。

化粧品って、やはりどんなにいいといわれるものも、あれこれいろいろと多用してしまえば、肌を傷めてしまうものであり、みなさんがあの女性のようにキレイになることが出来ないのは、化粧品メーカーのコマーシャルに踊らされているせいかもしれません。
あのキレイな女優も、自分の宣伝している化粧品を使用していないなんて充分に考えることが出来る問題です。

本当に女性が美しくあり続けるために睡眠、保湿、栄養で充分

節約のために美容の観念を放棄しましょうといっている訳ではありません。
ただし、女性が美しくなるためにそれ程躍起になる必要がなく、睡眠、保湿、栄養に徹することで充分といいます。
化粧品をお金をかけるものの、夜中遅くまでスマートフォンに熱中して、極度の睡眠不足に陥っているのは誰でしょうか。

コンビニを利用した節約

もはやスーパーマーケットよりも私達が多く利用するものといえば、コンビニの方かもしれません。
コンビニには、一日一回必ず行くという人たちも結構な数に上るはずです。

コンビニを使いながら節約したい

しかし実際にコンビニは、近くにあり便利かもしれませんが、スーパーマーケットと比較して商品が割高と思うこともあるはずです。
商品一つ一つ取ってみればコンビニにはそれ程目玉商品というものが用意されている訳ではありません。

そしてコンビニでパンを購入すれば、パンだけをレジへ持っていくのは、面倒くさい、そして恥ずかしいということで、ついでにアイスクリームなど購入してしまう人たちが多くいます。
これはつまりコンビニの思うツボでもありますので呉々も節約を真剣に考えるなら思いあらためなければならない問題です。

コンビニのテクニック・まずプライベートブランドを中心にして考える

プライベートブランドというものをご存じでしょうか。
スーパーマーケットにもありますが、コンビニ、スーパーといった小売店がメーカーと共同企画開発してつくる商品のことをいいます。

一般的にコンビニは値段が高いと思われがちなので、最近では特に、 プライベートブランド、「PB」に力を入れているといいます。
実際に「PB」にばかり力を入れてしまえば、高額の商品が売れないという問題を抱えるものの、コンビニは、「PB」商品を買えば、依然ついでに他の商品を購入する心理につけ込んで大きな利益を上げているようです。

実際に「PB」だけを積極的にアピールしてばかりいては、コンビニも商売が上がったりなのですが、「PB」商品を餌にして魚を釣るという感じでしょうか。
今の所うまく行っているようですが。形態はそれ程スーパーマーケットと考えが違っているということではありません。
コンビニはスペースも狭くなかなか「PB」を置くのに消極的だったのですが、段々とそのようなスーパーマーケットの形式に習うようになって来たのです。

しかし消費者のポイントはつられないこと

つまりコンビニは、「PB」を餌にして魚を釣ろうと考えている訳ですから、敢えてコンビニでの節約術といえば、「PB」商品を有効的に使う、そして、つられない、必要なものだけを買って帰るということになります。
コンビニという場所は毎日通う場所なので、本当に「PB」商品一個買って帰るのか、つい「PB」でないアイスクリームも一緒に買って帰ってしまうのかということに大きな違いが発生します。

そして、もう既に多くの人たちが知っている訳ですから、コンビニは高いという意識をしっかり持って、スーパーマーケット、ドラッグストアなども同時に利用して比較して購入するというモチベーションを持つことが大事です。

ドラッグストア活用テクニック

ちょっと以前は、日本においてドラッグストアなどというものは日常的ではありませんでした。
薬局なら薬局、スーパーマーケットならスーパーマーケット、もうちょっと区別が明確であり、分類としてもドラッグストアというものがどのようなものか、定義は難しくないでしょうか。
現在ではあまりにも私達の生活においてドラッグストアは当たり前の存在となり、全然意味の不思議感など感じず日々が過ぎて行ってしまっているのかもしれません。

ドラッグストアの意味

ドラッグストアは、「一般用医薬品」を中心にして健康や美容に関しての商品、更に日用品や飲料・日配食品といったものを販売している小売業のことをいいます。
しかし、そうはいうものの、コンビニとドラッグストアの区別もなかなかつかなくなっている現在の状況もなかなか否定は出来ません。

実際にドラッグストアの定義が、国、行政によって定められている訳ではありません。
そして、薬局とドラッグストアの違いが判らないという人たちもいます。

一般的に医薬品が欲しいというのなら、現在では充分にドラッグストアで満たすことが出来ます。
薬局という存在は、薬剤師が常駐している必要があり、 薬を調剤する調剤室が併設されています。

一般用医薬品も扱うことが出来ますが、医師の処方箋によって調剤薬を提供することが出来のが、薬局です。
そしてもう一つ薬店という言葉が存在します。
薬店の場合、一般用医薬品は取り扱えるが、薬剤師の常駐や調剤室がここにはなく、医療用薬品を扱うことが出来ない場所です。

ドラッグストアという存在は、薬店を英語にしたようなものであり、日用品に覆い尽くされてはいるものの、それ程薬店と大差あるものではありません。
しかし、最近では、ドラッグストアにも変化が起こり、調剤室を併設しているものも登場して来ていることに注目しなければなりません。

医療用薬品を扱うことが出来ないものがドラッグストアというとらえ方はもう違うケースがあります。
スーパーマーケット、コンビニとの違いはそれ程難しくはありません。
一般用医薬品、更に化粧品などを中心にした販売形態を行っているのがドラッグストアです。

実際にスーパーマーケットよりもドラッグストアの方が商品がお得

日用品や食品を購入する場合、このドラッグストアに目を向けた方がお得かもしれません。
原価率の良い化粧品、薬品で利益を得るビジネスモデルが基本となっているために、 日用品や食品によってお客様にサービスを還元することが出来ます。
お豆腐やタマゴというものなら、ドラッグストアで購入することが出来ますのでスーパーマーケットへ当たり前に行くというモードはちょっと変えてみた方がいいかもしれません。

ドラッグストアはまず一つの理由として、 一般用医薬品、更に化粧品で儲けることを中心に添えているので、スーパーマーケットほど、日用品、食品に対して利益を求めていません。
そして、ドラッグストアは現在大きくチェーン展開されており、 日用品、食品を仕入れする際にはスーパーの何十倍の量を一度に注文を出します。

コンビニなどフランチャイズのお店にはもちろんなかなかドラッグストアのような形態を取ることが出来ません。
ドラッグストアの強みは更に直営ということです。
スーパーマーケットでもチェーン展開のところもありますが、この三つを併せ持ち、ドラッグストアは、スーパーマーケットよりも安く 日用品、食品が提供出来てしまうのです。

Older posts Newer posts